離婚したい人へ 決断・手続きする前にもう一度考えたい夫婦関係

離婚したい・・・けど・・・

円満離婚は可能なのか?

『愛し合って一緒になったはずなのに、いつの間にか、この世で一番憎い人になっていた・・・。』

『部屋で同じ空気を吸うのもイヤ・・・。』

今、書店に行くと、離婚についての本が山積みになっています。

これひとつとっても、離婚が大きな社会的関心事になっていること、離婚を考えている人が多いことがよく分かります。

実際、日本の離婚件数はこの40年ほどで4倍になっています。(厚生労働省の統計)

しかし、勢いだけで離婚してしまっては、後で後悔すること間違いなし。

周囲の人のこともあるので、しっかり冷静にあらゆる角度から考えていきたいものです。

その上での離婚なら、おそらくそれがベストの選択肢なのかもしれません。

良い離婚とは、再出発して、将来本当に幸せな人間になることです!

離婚したいけどお金がない

避けられる離婚もあります

夫婦間の会話不足が問題です。

離婚前の9つのチェックポイントで夫が1〜5に当てはまり、あなたの夫に対する愛情が全くなくなっているのなら離婚は選択肢の1つかもしれませんが、避けられる離婚もあります。

それは「いきなり離婚」や「親子べったり離婚」です。

両方とも夫婦間の会話不足、コミュニケーション不足から生じている衝動的な離婚で、近年このような人が増加中です。

こんな悩みを抱えていませんか?

夫婦間のモラルハラスメント

近年、妻が思い悩み、人によってはうつ病にまで発展してしまう問題として、夫婦の間のモラルハラスメントが増加中です。

言葉や態度という形に残らない暴力なので、目に見える証拠が残りにくく、離婚したくても成立できない場合もあります。

しかし、モラルハラスメントの対応策もあります。

子供のことを考えると・・・

また、離婚したいと思っていても、なかなか決断できない人にとっての一番の悩みは子供のことです。

子供のことを考えると、離婚すべきか我慢すべきか悩むのは当たり前で、子供の将来にも関わる重要な問題です。

しかし、悪い状態を続けることで、さらに状況が悪くなることがあるのも事実です。

離婚後の養育費

また、思い切って離婚を決断したけど、約束通りに子どもの養育費が支払われないということで悩んでいる女性も非常に多いです。

しかし、この場合、離婚前に養育費に関する法的知識がちゃんとあれば、夫の給料の差し止めもできます。

離婚後に困らないために必要最低限の法律知識も必要

つまり、離婚という法的手続きをとるには、それなりに法律のことも勉強しておかなくは、後々痛い目に会う可能性もあるということです。

離婚したいと思い悩んでいる人は、基本的に冷静な判断ができない状態にあります。本人はそのつもりがなくても、客観的な判断ができない人が多いのが現実です。

だからこそ、その道の専門家に相談したり、経験者のアドバイスに耳を傾けることが重要になります。

それを怠らない人が、良い再出発をし、本当の幸せや日々の笑顔を手に入れることができるです!